いらないカメラはいくらぐらいで売れる?カメラの買取額比較

近年、写真は手軽にとれるようなものとなりました。いつでもどこでも手軽に撮影でき、それでいて画質も悪くはないので、スマホのカメラで十分だと思う人もいると思います。
しかし、本格的な写真やより高画質で写真を残したいと思うのならば、やはりカメラを使って撮影した方が良いでしょう。カメラによる写真とスマホによる写真はかなり違うものに見えますので、被写体の映り具合も違ってきます。

カメラというのは不思議なもので、凝り始めると最上のものを追及しようとしてしまいます。新しいカメラを買ったけど、すぐに別のカメラを購入してしまった、なんてこともあるでしょう。
そんな使わなくなってしまったカメラは、買い取り業者やオークションなどに出すことで、高値で買い取ってもらえることがあります。
今回はカメラは買取業者とオークションどちらに出すのが良いのか、比較してみました。

カメラの買取額を買取業者・オークションの両方で比較

せっかくカメラを売るのならば、やはり高い金額で買い取ってくれるところに売りたいですよね。通常は買取業者に買い取ってもらう事が多いと思いますが、オークションでも高値で売れることがあります。
買取業者、オークションのどちらで高く売れるかは、カメラの種類にもよりますので、自分のカメラがどれくらいの金額なのかをネットなどでチェックしてみましょう。

買取業者に売った場合は4000円~40000円前後

カメラの種類にもよりますが、買取業者に売った場合は大体4000円~40000円前後で売れることが多いです。もちろんカメラの状態によっては値段が前後することがあるので、注意しましょう。
買取業者ならば査定に出せばすぐに売ることが出来るので、この金額に特に不満がなければ買取業者に買い取ってもらうのがスムーズかと思います。
マニアックなカメラなら、もっと高値で売れることもありますので、自宅で高そうなカメラを見つけたら、試しに査定に出してみてはいかがでしょうか。

初心者向けのカメラはオークションなどの方が売れる

初心者向けのカメラの場合は、買取業者よりもオークションなどの方が高く売れる場合があります。
初めてカメラを扱う人やあまり慣れていない人は、いきなり高いカメラで始めるよりも、まずはそれなりのカメラを使って技術を磨こうとするためです。
逆に買取業者の場合は、カメラの価値によって金額が大きく変わりますので、あまり珍しくないカメラは高く売れません。
初心者向けのカメラは買取業者には需要はありませんが、それを求めている人もいるのが事実です。需要のあるところに売ることで、カメラは高く買い取ってもらえるので、しっかりと覚えておきましょう。

       

関連記事