【比較】不要なものは買取業者とオークションどっちで売るべき?

家庭で出てきた不要なもの。これを処分するなら、買い取り業者とオークションのどちらが良いのでしょうか?それぞれのメリットを見ていきましょう!

不要なものは捨てずに売るのが賢い!

皆さんの家にも、使わなくなってきたものがたくさんあると思います。ゴミなら捨てればそれでいいのですが、例えば家電や家具などの大きなものとなると、そう易々と捨てられないのが現状ですよね。
そういったものたちは、捨てるよりも売る方が賢い選択です!売ることで、処分もできてお金も得られるので、一石二鳥となります。
今まで必要ないものを捨てていた方たちは、これからは捨てずに売ってみてはいかがでしょうか。

しかし、捨てずに売ってみようと思っても、一体どこで売ればいいのかわからないと思います。売る場所としては、大きく分けて買い取り業者とオークションの二つがあります。
この二つはどのように違うのか、メリットはどうなっているのかなどを紹介していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

買取業者を選ぶメリット

まずは買い取り業者を選ぶメリットから紹介します。

手間がかからない

買い取り業者を選ぶメリットの一つ目は、手間がかからないことです。
というのも、買い取り業者ならば必要でなくなった商品を持ってくるだけで、買取をしてくれます。商品を運ぶだけで手軽に商品を処分することができ、かつお金ももらうことができるので、こんなに便利なものはないと言っていいでしょう。

また、冷蔵庫やテレビなど大きくて持ち運ぶのが難しい商品や、買取してもらいたい商品の数が多い場合は、出張買取を行うことも可能です。
出張買取とは買い取り業者が自宅まで商品を買い取りにきてくれるサービスのことです。この出張買取によって、手軽に商品を買い取ってもらえるようになりました。
買い取り業者の中には出張買取を無料で行っているところもありますので、費用を気にする方は無料の業者を選んでみましょう!

一気にまとめて買取に出せる

多くの商品を一気にまとめて買取に出せるというメリットもあります。
オークションの場合は一つずつ商品を出す必要がありますが、買取ならばそういった手間もありません。必要ないものをまとめて買い取り業者に持ち運べばすべて買い取ってくれるので、家庭にたまっている不用品をまとめて処分することができます。

不用品の数があまりにも多く、買い取り業者まで運ぶのが難しい場合は、前述の通り出張買取を利用しましょう。商品をひとまとめにしておけば、後は業者が査定をして買い取ってくれるので、大した手間もなく不用品を処分することができます。

オークションを選ぶメリット

続いて、オークションを選ぶメリットを紹介します。

手間がかかるが、買取業者より高く売れる可能性

オークションは自分でオークションサイトなどに商品を登録し、売買が成立したら商品を落札者に送らなければなりません。そのため買い取り業者よりも手間がかかるのですが、その分不用品を高く売ることができる可能性があります。

というのも、オークションならば自分の望む金額を設定することができるからです。不用品ができたときに、「この商品はこれくらいの金額で売れそうだな」と思ったら、オークションを使ってみるのも一つの手です。

また、不用品によっては買い取り業者に持って行っても無料引き取りになることがあります。商品が古い場合だと、買取ができずに無料になってしまうのです。
まだまだ全然使えるのに、無料で引き取りはもったいないと思ったら、無料引き取りはせずに一度オークションに出してみましょう。もしかしたら、皆さんの望む金額で買い取ってもらえるかもしれません。

       

関連記事