もらって飲んでいないワイン、ありませんか?ワインは買取に出せる

ちょっとしたお祝いなどで貰ったワインがあるけど、気が付けば飲まずに放置していた、なんてことはありませんか?
飲まずにおいてあるワインは、もしかしたら高く買い取ってもらえるかもしれません。
この記事ではワインの買い取りについてや高く買い取ってもらえるワインなどを紹介していきます。
当サイトではワイン専門の買取業者も紹介していますので、そちらもぜひご覧ください。

ワインは買い取りに出すことができる

皆さん意外と知らない方もいるかもしれませんが、ワインは買い取りに出すことが出来るのです。世界には至るところにワイン愛好家の人がいます。そういった人たちは希少価値の高いワインを求めて様々なところからワインを購入しているのです。
もしかしたら皆さんのご家庭にあるワインは、ワイン愛好家たちが欲しいと思っているものかもしれません。そうでなくとも、ワインの買い取り業者によっては高く買い取ってくれることもあります。
もし家に飲まずに放置してあるワインがありましたら、そのまま処分せずに買取に出してみてはいかがでしょうか。
どんなワインが高く売れるのか、紹介していきます。

古いワインでも売れる!

買い取りといえば、古いものは買い取ることが出来ないか、出来ても大した値段にはならない事が多いです。しかしワインに関しては、古いものでも買い取ってもらうことが出来ます
というよりも、古いワインの方が価値が高くなっているため、買い取り金額も上がっていきます。

しかし、ただ古ければ良いというわけではありません。保存状態が悪いワインは、たとえ古い年代のものでも品質の関係で高く引き取ってもらえない場合もあるのです。

ワインの保存方法

ワインを買い取りに出す場合は、なるべく保存状態が良いものを出すようにしましょう。
日の当たる場所に置いていると、劣化も早くなってしまうので、日が当たらない場所に置いておきたいものです。
ワインの保存といえばワインセラーが思い浮かびますが、普通の家庭にワインセラーなどはあまり置いていないと思います。しかし一般的な家庭でも、工夫をすることでワインの品質を保ったまま保存することは可能です。

ワインは湿度変化の少ない場所で保存するのがおすすめです。床下や押し入れなどが望ましいですが、現在の家庭にはない場合もあります。
そういった場合は、夏場ならば冷蔵庫の野菜室、冬場ならば寒すぎず、かつ暖房が効いていない部屋が最適です。

夏場は気温が高くなりますので、家のあらゆる場所の温度が高く、ワインの保存には向いていません。そのため冷蔵庫に保管する必要があります。
しかし、冷蔵庫は温度も湿度も低い為、ワインがダメージを受けやすいのです。冷蔵庫にそのまま置くのは推奨できませんが、温度も湿度も比較的高めな野菜室なら、それほど傷まずに済むので夏場の保存場所としてはおすすめです。

冬場の場合は、室温自体が高くないため、日に当たる場所でなければ基本的には大丈夫でしょう。
しかし暖房の効いている部屋だと、これまたワインが傷みやすくなりますので注意して下さい。
また、冬場は温度が低くなり過ぎることもあります。温度が低すぎるとそれもまたワインにとっては良い環境ではないのです。
結論としては、寒すぎず、かつ暖房が当たらない場所がおすすめとなります。

ワインには賞味期限がない

ワインには基本的に賞味期限というものがありません。よって保存状態が正しければ何年経っても飲むことが出来ます。
ワインの中には数十年もの、そして100年もののワインがあります。それらは非常に価値が高いワインとなっていますので、買い取り価格も大きくなります。
100年ものとなれば数百万円するものもありますので、それほどの希少価値があるということになりますね。

皆さんの家庭にも100年ものとまではいかずとも、数十年もののワインがあるかもしれません。
眠っているワインをお持ちの方は、試しに見積もりを取ってみてはいかがでしょうか。

空き瓶やコルクが売れることも

ワイン自体に値段がつくのは当然ですが、時には空き瓶やコルクなどが売れることもあります。
もちろんコンビニやスーパーなどでよく売られているワインの空き瓶などは売れませんが、希少価値の高いワインの空き瓶やコルクなら、もしかしたら買い取ってもらえるかもしれません。
ワインマニアの中には、空き瓶やコルクを集めているという人もいます。そういった人たち向けに高い金額で売れることがあるので、空き瓶やコルクにも値段がつくのです。
飲み終わった後のワインでも、空き瓶やコルクなどがあれば売れることもありますので、こちらも買取に出してみましょう。

高く売れるワインの種類まとめ

では具体的にどんな種類のワインが高く売れるのか、その一例を紹介します。
ワインの中でも特に高く売れるのが、

  • シャトー・ラフィット・ロートシルト
  • ロマネコンティ
  • シャトー・マルゴー

などです。
特に5大シャトーと呼ばれるお酒はどれも高額で買い取ってもらえるので、当てはまるものがありましたら買い取りに出してみましょう!
保存状態にもよりますがどれも数十万円以上の価格で買い取ってもらえます。

これらの高級ワインを手に入れる機会は少ないかもしれませんが、誰かからのもらいものが、実は高級ワインだった、なんてこともあります。
皆さんの家庭にあるワインはどれほどの値段がするのか、是非買い取り業者に見積もりを取ってもらってみてください。


引用:http://blog.enoteca.co.jp/2012/01/5.html

       

関連記事